理想的な条件を明確にして外資系の転職を実現するために

外資系に転職する際には十分な準備をするのが重要

外資系の会社に転職したいと思っていても自分が適しているかどうかわからないという場合があるかと思います。そういった場合は人材紹介会社がつくる適職診断を受けるとよいです。外資系の会社に特化した求人を扱っている紹介会社はあるのでそういった会社にコンタクトをとってみるとよいです。なかには実際に企業が採用の試験の際に使っている適職診断のシートを使わせてもらうこともあります。
因みに、採用担当者と英語でメールの交換をする必要が生じることは多くありますが、普段の仕事で英語を使わない人は少しでも準備しておくとよいです。例えば呼び名の前に「Dear」と付けるのと付けないのでは意味がかなり違ってくるのでそういった基本的なことは調べておくと良いです。

面接では思いっきり自分の実績を挙げてみましょう

特に外資系企業の人事のポジションに応募して面接をする際には、何社の企業のエグゼクティブを知っているのかという話題になることがあります。もしあなたが有名な企業の重役を知っていたとしてもその人のことばかり話すのは良くないです。あなたの実績や意気込みを英語でPRすることが最も重要です。
有名な企業の面接を受ける際に、その会社の製品のファンであることを強調するのも控えた方が良いです。企業が欲しいのはその会社のファンではなく、その人のスキルなのです。
英語が得意だからといって話が盛り上がればそれが採用につながるかといえば、そうとは限らないです。特に有名外資系企業の場合は候補者が沢山いるので面接が上手くいくことに加えて履歴書などの書類もしっかりと書けていることが重要です。

国内の企業に就職する時、面接は日本語であることがほとんどですが、外資系企業や海外に展開している会社の就職試験を受けるとき、英語で面接を受けることがあります。面接中のやり取りが全て英語となります。